2017年12月16日土曜日

年末年始のご挨拶について

賀状の行き来のある皆様に
例年お送りしておりましたご挨拶状は

この年末年始につきましては
誠に勝手ながら割愛させていただきます




いつもお便りをお送りくださる皆様には
例年通り近況などをお知らせいただけたら大変うれしいのですが

こちらからは、雪ぬるむ頃、
4月の開店・開廊のご案内をお送りできるよう
準備にいそしみたいと思います

2017年12月15日金曜日

酉年考

2017年も残り半月ほどとなりました
この一年、いかがお過ごしでしたでしょうか


私が酉年の年頭に記したのは

「先行きを俯瞰するほどには飛べずとも
足元の一歩から、ツクツク、コツコツ参ります」

という言葉でした


2017年11月25日土曜日

持てるひと、持たぬひと

先ごろ11月13日をもって閉廊された「 ギャラリーmu-an 」は、
かつて長岡市にあった現代アートの画廊が
都市区画整備のあおりで閉廊せざるをえなくなった折、
その画廊に集っていた作家の方々が、新たな発表の場を求め、
苦心・奔走した中で誕生した場であったとのこと

作家たちとのつながりがあり、人望と芸術文化の才覚があり、かつ
提供できる敷地空間という場所を「持っていたひと」が、
思いよらなかった流れを引き受けて始まったギャラリーの歴史 …


その流れを
この度の私たちの経緯と照らして思うのは

私たちは「持たぬひと」だったから
引き受けることになったのだなぁ… ということ



2017年11月4日土曜日

はじまりの日のこと

「ギャラリーmu-an」に最初に行ったのは、いつだったのか、
どういうきっかけだったのか、思い出せずにいたのですが

旧ブログ「そら屋日記」を読み返していたら
初めて訪ねた時のことを書いたものがありました


2017年11月1日水曜日

旅三昧

「mu-an」の迪子さんは、
ひとつの個展をすることは、一冊の「物語」を読むような
ひとつの個展を終えることは、その「物語」を閉じるような、気持ちです
とおっしゃっていました



おそらくは同じような気持ち、を私が例えるとすれば、
それは「旅」であるように感じています


2017年10月31日火曜日

たびのそら屋

かつて上越市は高田でカフェを営んでいた時に綴っていた
ブログ「そら屋日記」に再開のお知らせ」をアップしました



たくさんの懐かしい顔や景色を思い浮かべながら
初心に立ち返ります

2017年10月16日月曜日

「メゾン」の話

maison de たびのそら屋

たびのそら屋の家にて
土地のひと集い、旅のひと訪れ、なにごとか愉しきことはじまらん
土育まれ、風また便りを運ぶ
樹々の枝葉ひかりをきらめかせ、鳥たちのさえずる
かたわらにはたえず流れゆく川




さて、「maison」 の話をしましょうか