2017年11月4日土曜日

はじまりの日のこと

「ギャラリーmu-an」に最初に行ったのは、いつだったのか、
どういうきっかけだったのか、思い出せずにいたのですが

旧ブログ「そら屋日記」を読み返していたら
初めて訪ねた時のことを書いたものがありました


2017年11月1日水曜日

旅三昧

「mu-an」の迪子さんは、
ひとつの個展をすることは、一冊の「物語」を読むような
ひとつの個展を終えることは、その「物語」を閉じるような、気持ちです
とおっしゃっていました



おそらくは同じような気持ち、を私が例えるとすれば、
それは「旅」であるように感じています


2017年10月31日火曜日

たびのそら屋

かつて上越市は高田でカフェを営んでいた時に綴っていた
ブログ「そら屋日記」に再開のお知らせ」をアップしました



たくさんの懐かしい顔や景色を思い浮かべながら
初心に立ち返ります

2017年10月16日月曜日

「メゾン」の話

maison de たびのそら屋

たびのそら屋の家にて
土地のひと集い、旅のひと訪れ、なにごとか愉しきことはじまらん
土育まれ、風また便りを運ぶ
樹々の枝葉ひかりをきらめかせ、鳥たちのさえずる
かたわらにはたえず流れゆく川




さて、「maison」 の話をしましょうか


2017年10月9日月曜日

店名について

来春から営むギャラリーというか、お店というか、「場」の名前ですが


「 maison de たびのそら屋 」
(メゾン・ド・タビノソラヤ)
と申します


改めて名づけの思いを書いておこうと思います


2017年9月22日金曜日

祝「gallery mu-an」10周年

9月20日
私たちが建物と「場」を受け継ぐことになった
ギャラリー mu-an (ム・アン)さんが10周年を迎えられました



代表であり主宰である立見迪子(みちこ)さんが正式に告知されるまで
拙ブログではお名前を出さずに「オーナー」と称して
ことの経緯を綴らせていただいておりました
以後「(mu-anの)迪子さん」と書かせていただきます